28日 11月 2022
車庫だったスペースをLDKや水回り等の住居スペースにするリノベーション工事を行っています。リノベーションとはいえ、工事内容は新築と同様に行います。基礎工事・床組には防虫防腐剤を施し、床下の断熱材も隙間なく敷き込みます。 今後耐震補強も行いますので、安心して快適にお過ごしいただけると思います。
18日 11月 2022
お引き渡しから2ヶ月程経ち、外構工事が完了しました。アプローチに使用したタイルの納期遅延が原因だったのですが、弊社がいつもおすすめしているLIXILのグラヴィナというタイルが非常に人気なようです。グレーの土間タイルは品があって主張しすぎず、建物を引き立ててくれるのでおすすめです。
17日 11月 2022
「きつね」と呼ばれ、切れ味の良さから多くの大工さんが愛用する鑿(のみ)があります。 気になったので調べてみると、製作しているのは明治23年創業の大内鑿製作所という会社。兵庫県三木市に所在し、この地域で作られる刃物は播州三木打刃物(ばんしゅうみきうちはもの)というそうです。約400年の永い歴史と受け継がれてきた技術があるのですが、現在では金属加工の最新技術を導入したり、世界からも注目されているそうです。 https://www.miki-kanamono.or.jp/
16日 11月 2022
外壁の塗装工事が完了しました。 元々はベージュ系の外観でしたが、ダークブラウンで塗装し落ち着きのある外観に変わりました。 お家が綺麗になったことで、お客様が出先から帰宅するたびに嬉しい気持ちになると仰ってただけました。 職人の丁寧な仕事も褒めて頂き、本当にありがたいです。 この度はありがとうごさいました。
10日 11月 2022
年お引き渡しをした新築のお宅にメンテナンスの打ち合わせに伺いました。 お客様と外観・間取り・デザイン等様々なアイデアを出し合いながら設計・工事をして完成した住まいなのですが、久しぶりにお邪魔をして、素敵な生活をされていのを拝見して感慨深くなりました。断熱・気密といった住宅性能にも非常にこだわっているのですが、お客様から夏場も本当に快適でしたと言っていただき、しっかりと効果が出ているのだと安心をしました。
28日 10月 2022
和室の押入れを仏間に変える工事を行なっています。こちらのお宅は和室の部材のほとんどに杉の赤身が使用されていたので、新しく設ける仏間の天井にも釣り合いが取れるよう杉の赤身を使用しました。 豆知識ですが、 木の赤身は白太に比べて耐久性があり、白太から赤身に変わる成長過程で蓄えられる樹脂成分には防虫成分や防腐成分が含まれているので虫やカビから守ってくれます。(多少ですが) 赤身の材は1本の木から取れる量が限られているので、総赤身で材料を揃えようとすると非常に高価になります。
20日 10月 2022
外壁の塗装と瓦の葺き替えリフォームを行なっています。 本日は外壁塗装の下地処理・下塗りを行っています。汚れ・錆を落とし、穴を塞ぎ、下地をしっかりと調えます。 また、腐った木部・詰まった雨樋を交換します。 松建は工務店ですので、外壁塗装は外壁の美観を整えるだけでなく、各所のメンテナンスも合わせて行っています。
16日 10月 2022
佐賀市内にあるお寺の楼門の塗装工事をさせて頂きました。定期的なお手入れがしっかりとされているので木の痛みも少なく、今回は理想的なメンテナンスのタイミングでした。使用した塗料は「キシラデコールフォレステージHS」DIYでもポピュラーなキシラデコールですが、その種類は多岐に渡ります。同じキシラデコールでも、ホームセンターで売られる商品とプロ用とでは異なるんです。そんな中でも非常に耐候性が高く仕上がりも綺麗なキシラデコールフォレステージHS、これから永く楼門を守ってくれると思います。
05日 10月 2022
蔵の小屋裏に休憩室を造る工事ですが、壁の漆喰塗りが完了しました。左官さんが鏝塗りの自然なパターンで仕上げてくれています。 漆喰材は、福岡県田川市にある漆喰材で有名な田川産業という会社のリモアという商品。今回はホワイトを使用しましたが、淡くて現代的なカラーバリエーションが豊富で、北欧やナチュラルな空間の仕上げに最適です。仕上がりと施工性もよく、クロスの上からも塗れるのでDIYにもお勧めです。
04日 10月 2022
【大明神改修工事】  大明神の改修工事が無事完了しました。 地震やシロアリ被害に見舞われ、当初の想定以上に痛んでいたので大変な工事でしたが、大工・塗装等の職人さん達が一生懸命工事に取り組んでくれました。 後世に残る工事に携わることができ嬉しく思います。

さらに表示する